戦うロック と ロックの技能検定!?

0
    「戦うロック」だが、ただひたすら楽器を練習していればいいと言うわけではない。「反骨精神」だ、「自由」だ、「」だ叫んでいるだけでも戦っていけない。
    ロックの魂を思う存分表現したいなら技術が必要だ。例えばギターなら、好きなリフやソロをメッチャ早く弾く練習をして素晴らしい完全コピーができる人はいる。それをいろんな曲で繰り返していれば、そのアーティストまたはジャンルの曲はある程度カッコよく演奏できるようになるのは間違いない。だが、反骨精神も愛も、あらゆるジャンルやシチュエーションに対応できてこそ貫ける。ミュージシャンの究極の姿とは、自分の頭中に聞こえる音を瞬時に楽器を通して再現する事だとすると、そのためには総合的な演奏技能が必要になる。
     
    空手の達人になるのと似ている。
    例えば回し蹴りが大好きな選手がいたとして、回し蹴りなら誰よりも高く、早く蹴れるし、何と言っても美しいフォームでとても強そうに見える。野外の草原ではその早く鋭い蹴りに近づく者はことごとく倒れるが、戦いの場は草原ばかりではない。例えば狭い部屋の中だったり人波の中だったり、回し蹴りの間合いが取れない状況もある。そんな時には前蹴りだったり、突きだったり、寝技が効果的かもしれない。そのためには、どんな状況でもどんな角度からでも攻撃をできるようにトレーニングが必要だ。全身の筋肉がどの方向にでも対応できる強度と柔軟性を備えるために系統的に鍛えるしかない。


     



    そこで今回ライブジャムが日本で初めて紹介するRockschoolの検定試験きらきらが登場する。
    これはロックのメッカのロンドンが発祥でックを演奏するための主要楽器(ギター、ベース、ドラム、ボーカル、キーボード)の技能試験だ。ロック、ポップやファンクのバンド演奏で必要になる技術を8段階(Grade 1 ~8)に分けて系統的に習得していける。
    クラシック音楽の世界ではこのような検定試験があり、世界標準的には英国王立音楽検定試験が有名だが、なんとロックにも検定試験があった
    びっくりびっくり
    ロンドン発のRockschoolが1991年に世界に先駆けて開発し、今では世界30カ国で展開する世界標準になっている。
    例えばこの検定試験を日本でGrade 6を取得すれば、世界のGrade 6として通用する技術レベルだと言える。つまり、ロックの世界標準。
    2014年1月スタート!
    戦うための技術が欲しいならこれだ!
    詳しくはホームページからこちらご参照あれ。

    http://www.livejam.co.jp/about/pg271.html
     

    21世紀のロック魂

    0
      ロックはもともと、社会に対して反体制的なものとして生まれた。
      資本主義、社会主義に関わらず、戦争、差別、貧困、学歴などの枠組みに基づいて作られている社会に縛られたくない反骨精神から生まれた思想が音楽になった。いろんな束縛から解放されたいと言う思い、そして自分が本当に求めている生き方を貫くべく戦う姿勢だ。単に勉強したくない、塾に行きたくない、ゲームやりたい、遊びたいと言う事ではない。好き勝手にしたいのがロックでなく、時代の流れや常識や枠組みにとらわれずに、自分の信念を徹底的に貫く事だ。
       
      だからロックの精神は音楽に限らない。
      例えば、周りからは「うつけ」と呼ばれながら新しい戦い方を導入して天下を獲った織田信長や、絵画の常識を根底から覆した型破りなピカソなどは他業界で大暴れしたロッカーと言えるかもしれない。
       
      難しい事を言いたいのではない。
      誰もがインターネットや携帯でつながり、情報が瞬時に世界を駆け巡るこの21世紀はより均一的な人類を作りやすく、「型破り」な人間が輩出されにくい環境かもしれない。だが、常識を覆すような人は、「常識を覆してやろう」と思って動いているわけではない。結局、自分が信じている事をまっしぐらに突き通しているだけだ。
      現代のロックは、何かに一生懸命、そう全身全霊になる事だ。
       
      ライブジャムでは、ロックの精神に乗っ取り、自分が本当にやりたい事を見つけてその目標に向かって突き進んで行く人の応援をして行きたい。我々ができる事は、音楽を通してそのロック魂を育む環境を提供する事だ。
       
      ライブジャムは近日中に、その戦うロッカーを支援する新しい仕組みを発表予定。
      日本初かも。



      Rock1.jpg
       

      異次元コラボ。。。ラーメンかロックか。。。究極のジャムセッション

      0
        近所の駒沢公園で行われてる東京ラーメンショー2013も残り1日となりました。
        1幕と2幕とありましたが、やっとジャムの会員さんからのレポートが本日になってようやく上がって来ました。
        20店舗ある中で2店を試す程度の体力しかなかったようですが、お勧めは15番、濃厚味噌「炎炙り」肉盛そばだったよう。
        写真でみると、麺なのか牛丼なのかわからない程のボリューム。究極ののコラボかきらきら。。。!?





















        ラーメン    ラーメン   ラーメン



        究極のコラボと言えば、本日のライブジャムのスタジオで今までに見た事もないコラボきらきらが展開していた。
        2013-11-23 17.36.14.jpg
        そう、手前のドラムの先に見えるは、な、なんとじゃないか!!
        。。。と書いてたら、この漢字が間違ってると。。琴でなく、だと!
        今日箏を持ちこんできたAska君を見て「日本人離れした」ドラマーRyo君が黙ってるはずがなかった。
        「おい、ジャムろうぜ!
        と2人で3拍子を刻み始めた。
        2013-11-23 17.39.05.jpg
        今日はただマイクを下に潜らせただけだったが、次回はピックアップMarshallに繋がってる予感。。。
        東西を超えた発明発見がインターナショナルな2人から発信されそう。。。要注目!


         


        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << August 2018 >>

        Twitter

        ニコニコ

        音楽教室検索

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • マフィンを頬張る青年とニコ生とサラ・ブライトマンの話
          Ken
        • 「ドラムのスナッピーを壊さないで」の巻
          Ken
        • 誰でも参加できる!無料ギタークリニック開催!by LiVEJAM
          ピンクのロードバイク!かずき

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM